医療機関の料金と麻酔を使う基準

費用に関しては医療機関ごとに自由に決めることができるので差があります。
ご自宅から通うことのできる範囲に直接問い合わせて聞いてみるのが確実です。

また医療機関の場合は1回ごとに費用を支払うシステムが多くあります。
部位によって費用は異なりますが、通った分だけ費用が発生するものです。

脱毛完了までに必要な回数には個人差があるので、
合計の費用は人それぞれ異なります。

回数の目安としては、話題のハイジニーナ脱毛で6回程度です。
参考:http://xn--eckxbycdr2yf4861jretb.jp.net/

医療機関ではレーザー脱毛が主流です。
医療機関で麻酔を使うのは針脱毛の場合です。
痛みを強く感じるため、耐えることができない場合に使用します。
もちろん費用もかかりますので、我慢できるのであれば使用することはありません。

医療レーザーに通い、残った少ない毛を針脱毛で処理するという話はよく耳にしますし、
その方が効率も良いかと思います。

また安全面ではやはり医療機関の方が安心です。
脱毛は厚生労働省より医療行為と認められています。
それだけ危険を伴う行為ということです。

特に針脱毛は火傷や炎症になってしまう可能性も高く、技術を要します。
エステではいつ摘発されてもおかしくない行為ということです。
安心安全を求めるのであれば医療機関です。

レーザー脱毛をしている最中で毛が太くなるということはあるようです。
それが硬毛化かもしれないし、ホルモンバランスとの関係など特定するのは難しいものです。
生理前後に脱毛の施術を行うと毛が濃くなることもあるようです。

一般的に硬毛化になった場合には、レーザーの出力を高出力にしたり、
当てるタイミングを変えたり、機器を変えることがあるそうです。

しかし高出力で当てていても硬毛化することはあるそうなので、
やはり担当の医師に相談してみるのが良いと思います。